おっぱいを大きくするために日々気をつけていること

バストアップで最も効果的だと有名な食材は、やっぱり大豆類だと思います。

例えば豆乳、豆腐、大豆等です。

牛乳でお腹を壊してしまう私でも、調整豆乳だったら1日小さいパックを2つ飲んでも平気でした。

冷たいままだと体を冷やすので、コップに移し替えて電子レンジ、もしくは鍋で温めて黒蜜等を入れると美味しく甘く飲めます。

きなこを入れたり、蜂蜜をスプーン1さじ分入れてもいいと思います。

後は豆腐ですが、こちらは湯豆腐鍋にすると沢山食べられます。

食の細い私でも、1人用鍋はぺろりと食べられました、きっと味がさっぱりしていて豆腐は1丁位ならお腹に入っても食べ応えが軽いからだと思います。

これらの食材には女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをしてくれる成分、イソフラボンが含まれていると聞きます。

乳腺細胞を増加させて、バストを形成してくれるそうなのです。

他には、たんぱく質である鶏肉やチーズ、まぐろやヨーグルトもいいと思います。

そしてキャベツにはボロンと呼ばれるエストロゲン分泌量を増やす役割のある成分も含まれているそうです。

でもボロンは生で摂取する方がいいらしいので、サラダで食べています。

基本的にはエストロゲンを多く摂取していれば、それだけ女性ホルモンが増えて体も脂肪がつきやすくなるのではないかと思っています。

ですからそういった食材を中心に食事をしています。